手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~

川平慈英
すみれ 七海
岡安泰樹 吉田 敦 勝矢 LiLiCo 藤田朋子
別所哲也 中居正広(友情出演) 板尾創路

ニュース

一覧はこちら

作品紹介

イントロダクション

生きるとは、死とは、親とは、友とは、恋とは、 Hと銭の間にある大切なものとは・・・
与えられた能力でいまを懸命に生きる、主人公・真人を通して 作家、今井雅之が生のエネルギーや輪廻といった「生と死」という重厚なテーマを投げかける

2015年に急逝した俳優・今井雅之氏が原作・脚本・主演を務めた舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」を映画化。今井の遺志を引き継ぐ奈良橋陽子が監督として総指揮を執り、「生と死」という重厚なテーマをモチーフにしながら、誰もが共感できる普遍性をたたえた感動作品。
イントロダクション
イントロダクション
俳優陣は主演の川平慈英を筆頭に、七海、藤田朋子、別所哲也、中居正広(友情出演)ほか今井にゆかりのあったキャストが集結。すみれ、LiLiCo、板尾創路らバラエティ豊かな豪華出演者の顔ぶれにも注目。
平和と安寧を希求してやまなかった今井雅之が遺した魂のメッセージ、生きる意味を問い、明日への希望を見出さずにはいられない感動のドラマ。

ストーリー

主人公は軽度の知的障害のある男性、真人(川平慈英)。 中学で「特殊」学級に入った真人は、ばかにされたりいじめられたりしながらも、同じ障害のある女性、咲楽(七海)と出会い、ぎこちない愛情表現を交わしながら、やがて結婚する。しかし、真人は咲楽を守るため、罪を犯してしまう。咲楽との約束だった新婚旅行を思い起こすように、真人は伊勢神宮へ1人で車を運転して出かける。 

そこにヒッチハイクで、麗子(すみれ)が乗り込んできた。
彼女は車の中で真人に、「神とは?歴史とは?人間とは?」と問いかける。
そして、咲楽の「Hと銭の間にあるものってなんだ?」というなぞなぞへの答えが、浮き彫りになっていく。
やがて、麗子が、車の中に置き忘れていった箱には思いもかけないものが入っていた。

ストーリー

キャスト

川平 慈英

川平 慈英
(尊 真人)

すみれ

すみれ
(竹内 麗子)

七海

七海
(咲楽)

岡安 泰樹

岡安 泰樹
(平岡 修一郎)

吉田 敦

吉田 敦
(吉良 末吉)

勝矢

勝矢
(大男)

LiLiCo

LiLiCo
(尊 良枝)

藤田 朋子

藤田 朋子
(バーのマダム)

別所 哲也

別所 哲也
(物部 速人)

NO IMAGE

中居 正広(友情出演)
(蘇我 皇慈)

板尾 創路

板尾 創路
(尊 義男)

スタッフ

今井 雅之

企画・脚本:今井雅之

今井 雅之(いまい まさゆき、1961年(昭和36年)4月21日 - 2015年(平成27年)5月28日)
俳優・演出家・脚本家・タレント・エッセイスト。
兵庫県城崎郡日高町出身。代表作は自身が「自分の魂」と形容している特別攻撃隊が主題の演劇・映画『THE WINDS OF GOD』や、自身の出身地で撮影した初監督映画作品『SUPPINぶるうす ザ・ムービー』など。最終所属先はオスカープロモーション。

メッセージ

今回『手をつないでかえろうよ』の映画化にあたりご協力頂きます各方面の皆様に改めてお礼申し上げます。
この企画は2009年の舞台作品に端を発しております。
このような題材を選んだ理由は『The Winds of God 』という神風特別攻撃隊を題材とした舞台を二十数年やってきて痛感した「ある事実」によるものです。日本は今年で戦後70年になりますがこの間、世界では戦争及び紛争が起きなかった年は一度もありませんでした。戦争の悲惨さを伝えるのも私たちクリエイター/役者の大事な仕事の一つだと、思います。
「なぜ戦争が起きるのか?」
「なぜ宗教、人種、国が違うだけで同じ人聞が殺し合うのか?」
今こうしている聞にもテロや宗教的対立などで人聞が殺し合っています。
「なぜ殺し合いをやめられないのか?」「なぜ戦争が起きてしまうのか?」
これがThe Winds of God の活動を通じて感じた事でした。

そして、その思いを表現したのが『手をつないでかえろうよ』です。
お芝居としては本来なら「普通の恋愛」を描くべきなのでしょうが、私は今回、使命のような物を感じこの舞台の脚本を書き下ろし、そして映画化まで、なんとか漕ぎつけました。
監督をこの舞台のファンであり、またハリウッド及び世界で、活躍中の奈良橋陽子さんに引き受けてもらったことは本当に嬉ばしい事です。
何か新しい、今までの日本映画に無い化学反応が起こるのでは… いや、もう起きている気がします。
まだまだ、映画制作には色々な困難が待ち受けているとは思いますが、絶対に成功させる、成功すると信じております。
この夏は今までで一番の熱い夏になることでしょう!押忍

  • 1
  • 2
  • 3
奈良橋陽子

監督:奈良橋陽子

外交官の父の下で5歳から16歳までをカナダのモントリオールとオタワで過ごす。大学卒業後はニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスで演劇を学び、「ヘアー」「Monkey」など数々の舞台を演出する。国連芸術賞受賞作「The Winds of God」(88年)は、ロサンゼルスやニューヨーク、豪州、ニュージーランドで上演され、その映画化「WINDS OF GOD ウィンズ・オブ・ゴッド」(95年)で映画監督デビューを果たした。演出家として活躍する一方で、ハリウッド映画のキャスティングディレクターとして、「ラストサムライ」、「SAYURI」、「バベル」、「ウルヴァリン:SAMURAI」、「47 RONIN」, 「アンブロークン」など。「ラーメンガール」「終戦のエンペラー」をプロデュース。国内ではNHKの連続小説「マッサン」にシャーロット・ケイト・フォックスを全米から発掘・紹介した。また、バンド「ゴダイゴ」のヒット曲「ガンダーラ」や「モンキー・マジック」「銀河鉄道999」などを作詞。

Face 2 fAKE

音楽:Face 2 fAKE

1994年にAchilles Damigos(1968年 ギリシャ生まれ)とOh!Be(1966年 東京都生まれ)により結成された音楽プロデュース ユニット。作曲やアレンジを担当したアーティストに、Boyz Ⅱ Men、EXILE、嵐、SMAP、超新星、夏川りみ他多数。ドラマ「電車男」、「ホームレス中学生」、「全開ガール」、アニメ「ギャラリーフェイク」などのサントラを手掛けた。

JAY’ED

主題歌:JAY’ED

日本人の父とニュージーランド人の母の間に生まれ、10歳までニュージーランドで過ごしてきた。17歳から大阪のクラブを中心に活動を始める。2008年メジャー・デビュー。代表曲「ずっと一緒」、「最後の優しさ」はYouTube再生回数が200万回以上突破。2009年にJUJU with JAY‘ED「明日がくるなら」や、「Everybody」(au Smart Sports CMソング)でブレイク。1stアルバム「MUSICATION」をリリースし、オリコン・チャート初登場6位にランクインしロングセールスを記録。2013年Earth, Wind & Fireの“レジェンドメンバー”との奇跡のコラボレーションが実現した「September」がリードトラックの意欲的カヴァー・アルバム「JAY’EDISCO」をリリース。その後も数々のアーティストとのコラボも実現。ジャパニーズR&Bシーンを牽引。そして2016年所属事務所をLDHに移籍。シンガーJAY’ED待望のセカンドシーズンが幕を開ける。

コメント

まず、偉大な方々が歌ってきた「MY WAY」をカバーさせていただく事に身の引き締まる思いです。今回奈良橋監督からお話を頂き、主題歌「MY WAY」を歌わせていただく事になりました。楽曲制作に入る前に、監督とプロデューサーの野村祐人さんとお会いし、この映画のこと、そして今井雅之さんの熱い想いをお聴きさせていただき心が震えました。今井雅之さんが大好きだった「MY WAY」。また、僕も現在の環境が変化するこのタイミングと、「MY WAY」の歌詞、世界観がリンクし不思議な縁を感じました。魂を込めて歌わせて頂きましたので是非皆様に聴いていただけたらと思います。

  • 1
  • 2

【配信リリース情報】「MY WAY」2016.5.25 iTunes、レコチョク等、主要配信サイトで配信リリース決定!

エグゼクティブプロデューサー:奈良橋 陽子 岡本 昭彦 
プロデューサー:野村 祐人 片岡 秀介 アソシエイトプロデューサー:清水 春彦 栗原 康行 北畠 秀昭 ラインプロデューサー:結城 貴史
撮影:今井 裕二 音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「MY WAY」 JAY’ED
制作:ユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ/KURUWA.LLC
制作協力:LiVEMAX
配給/宣伝:KATSU-do
製作:ユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ 吉本興業

映像

  • 予告編
  • 主題歌

劇場情報

前売り鑑賞券<ムビチケカード>の御案内

4月30日(土)よりオリジナルふせん付きムビチケカードを発売いたします。

ムビチケカード

■価格:1,400円(税込)
■特典:オリジナルふせん
■販売場所:上映劇場、通販サイトメイジャー
■メイジャー・作品特設ページ(メイジャーHP内)

ムビチケ購入

■販売期間:4月30日(土)~5月27日(金)

※ムビチケカード1枚につきふせん1個がつきます。
※特典はなくなり次第終了となります。
※販売劇場は公式HP・劇場情報でご確認下さい。
【ムビチケカードにつきまして】
※ムビチケカードは『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』上映劇場にて上映期間中ご使用いただけます。(一部劇場を除く)
※ムビチケカードは、イベント等の特別興行ではご使用頂けない場合がございます。また、ご利用なくとも変更・払い戻しは致しません。予め御了承ください。
※ご鑑賞の際は座席指定券とお引き換えの上、ご入場ください。
※上映期間・上映時間、入場券へのお引き換え方法等は、劇場HPまたは直接劇場へお問い合わせください。
※ムビチケカード販売劇場は、決定次第、随時更新いたします。
※ムビチケカードのご利用詳細は、ムビチケHPにてご確認ください。

エリア 都道府県 劇場 ムビチケカード 公開日
北海道 北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 6月25日(土)~7月8日(金)
東北 青森 青森コロナシネマワールド   6月11日(土)~6月24日(金)
  岩手 盛岡中央映画劇場   7月9日(土)~7月22日(金)
  宮城 109シネマズ富谷   5月28日(土)~6月10日(金)
  山形 MOVIE ONやまがた   7月2日(土)~7月15日(金)
  福島 ポレポレいわき   9月24日(土)~10月7日(金)
関東 東京 お台場シネマメディアージュ   5月28日(土)~6月17日(金)
  東京 TOHOシネマズ錦糸町 5月28日(土)~6月24日(金)
  神奈川 TOHOシネマズ川崎 5月28日(土)~6月17日(金)
  神奈川 小田原コロナシネマワールド   5月28日(土)~6月10日(金)
  千葉 USシネマ千葉ニュータウン 5月28日(土) ~6月17日(金)
  千葉 USシネマ木更津 5月28日(土) ~6月17日(金)
  埼玉 シネプレックス新座   5月28日(土)~6月17日(金)
  茨城 USシネマつくば 5月28日(土)~6月17日(金)
  群馬 プレビ劇場ISESAKI   5月28日(土)~6月17日(金)
  栃木 109シネマズ佐野   5月28日(土)~6月3日(金)
  長野 アイシティシネマ   7月2日(土)~7月15日(金)
  新潟 イオンシネマ新潟西   5月28日(土)~6月17日(金)
  静岡 静岡東宝会館   5月28日(土)~7月1日(金)
  静岡 TOHOシネマズららぽーと磐田 5月28日(土)~6月10日(金)
中部 愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 5月28日(土)~6月17日(金)
  愛知 中川コロナシネマワールド   5月28日(土)~6月10日(金)
  愛知 半田コロナシネマワールド   5月28日(土)~6月10日(金)
  愛知 春日井コロナシネマワールド   5月28日(土)~6月10日(金)
  愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18   5月28日(土)~6月17日(金)
  石川 金沢コロナシネマワールド   5月28日(土)~6月10日(金)
  福井 鯖江アレックスシネマ   6月25日(土)~7月8日(金)
関西 大阪 TOHOシネマズなんば(本館・別館) 5月28日(土)~6月17日(金)
  京都 イオンシネマ京都桂川   5月28日(土)~6月17日(金)
  兵庫 アースシネマズ姫路 5月28日(土)~6月16日(木)
  兵庫 豊岡劇場   5月28日(土)~6月10日(金)
  滋賀 大津アレックスシネマ  

6月25日(土)~7月15日(金)

中国 広島 福山駅前シネマモード   7月9日(土)~7月15日(金)
  岡山 シネマ・クレール   8月13日(土)~8月26日(金)
  山口 シネマ・スクエア7   9月3日(土)
  香川 ホール・ソレイユ   10月1日(土)~
  愛媛 シネマルナティック   8月20日(土)~8月26日(金)
九州・沖縄 福岡 ユナイテッド・シネマ トリアス久山   5月28日(土)~6月16日(木)
  福岡 ユナイテッド・シネマなかま16   5月28日(土)~6月10日(金)
  宮崎 セントラルシネマ宮崎   6月11日(土)~6月24日(金)
  鹿児島 天文館シネマパラダイス   5月28日(土)~6月17日(金)
  沖縄 ミハマ7プレックス   6月25日(土)~7月8日(金)

※劇場情報は順次更新いたします。